賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築の賃貸物件は、入居を決める前に中が見られないこともありますので、間取り図を確認しておきましょう

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築の賃貸物件は中が見られないので注意

新築の賃貸マンション、アパートを借りる場合、入居まで中が見られないこともあります。中古のマンションやアパートでも、まだ希望の部屋に人が入居しているときは中が見られないことがありますが、そういう場合でも同じタイプの他の部屋を見せてくれたりはしますし、建物自体の中に入ることは可能です。しかし、新築物件で今も工事中、という場合には、建物の中に入ること自体できないです。外観も分からないことがありますので、建物の内部ではなく、立地や家賃などの総合的な条件で決めるしかありません。間取り図で想像していたよりもキッチンがせまかったり、バストイレが使いづらかったり、ということもあるかもしれませんので、あまり神経質に理想の住まいを追い求める人にはおすすめできないかもしれません。

また、部屋から見た景色も想像できにくいので、その点でもあまりこだわれないです。学生のうちの何年か暮らすとか、社会人になってちょっと違う街に引っ越して、何年か暮らしてみよう、くらいならいいかもしれません。新築のメリットは他にもたくさんあるので、中をしっかり見て入居できなくても、設備はきれいだし問題ない、と思えればそれでいいと思います。

その他のオススメ記事

注目情報