賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築賃貸物件の注意点の一つとして湿気が多いことが挙げられますので、どうしてなのかクチコミ致します。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築賃貸物件と湿気対策について

新築賃貸マンションは非常に綺麗なため、特に問題点は内容に感じすぐに契約をしてしまうという方も多いですが、新築のものには次のような問題点があります。それは、中古のものに比べて湿気が多いというものです。それはなぜかといいますと、建物を作るときにコンクリートにはたくさんの水が含まれた状態になっています。時間が経過すればするほどその水が乾燥していくのですが、入居したての頃はまだコンクリートないの水が抜けきっていない状態なので、部屋が湿気た感じになってしまうことが多いのです。それをしっかりと理解せず、入居後に湿気対策をしないと、カビが生えてしまったり、調子を崩すこともあります。

では、実際にどのような湿気対策をすれば良いのでしょうか。方法の一つとして毎日しっかりと換気をするというものが挙げられます。換気をすることで部屋に溜まった湿気が外に出ていきます。また、室内の収納などを使うときに下にスノコなどを引いて使用するのが良いでしょう。さらに気になる場合には、湿気取りシートなどを利用することで部屋の中にカビなどを発生させずにきれいに保つことができるので良いのではないでしょうか。もしよかったら参考にしてください。

その他のオススメ記事