賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸物件で起こりやすい水周りのトラブルの事例と、その原因と予防方法、排水溝の掃除方法について。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸物件で注意しなけらばならない水周りのトラブル

賃貸物件で特に注意しなければならない個所がありますが、それは水周りです。水周りは、家の中で特にトラブルが多いので、トラブルを予防していく事が大切でしょう。どう注意すれば良いのか、対策方法を紹介したいと思います。

水周りでのトラブルで一番多いのは、排水溝の詰まりです。詰まってしまうと、当然水が流れなくなります。自分で修理できる方は大丈夫ですが、出来ない方は水道業者を呼ばなくてはならなくなります。水が流れないだけではなく、排水管に亀裂が入って、気付かない間に水漏れを起こしている場合もあるので、注意が必要でしょう。固形物を流してしまえば、もちろん詰まりますが、油分の多い物を流してしまうと、それがゼリー状になって排水管に付着して徐々に詰まっていきます。良くある事例ですと、カップラーメンの残り汁をそのまま排水溝に流してしまうなどです。すぐに詰まる訳ではないので、気付くのが遅れてしまいます。これらを予防するには、小まめな掃除が一番良いでしょう。週に一度など周期を決めて掃除すると良いでしょう。掃除方法としましては、手の届く範囲は、ブラシ等で擦って汚れを落とします。排水溝の奥の方は、高圧洗浄機や、排水溝専用の洗剤を使います。この様にして予防する事が出来ますので、小まめな掃除を心掛けましょう。

その他のオススメ記事

注目情報