賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸物件の水回りのチェックは、蛇口とが黒ずんでいないかと台所の下の配水管に欠陥がないかを確認することです。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸物件の水回りのチェックポイントについて

引っ越し先の賃貸物件を探すときは、大抵の方が実際に部屋のなかを見て、自分の好みに合った物件かどうか見極めてから入居を決めていますよね。皆さんは、賃貸物件のお部屋の中を見に行くとき、どんな部分をチェックしていますか?駅からの実際の距離や収納の有無、雰囲気などを中心に見る方が多いのではないでしょうか。意外と見落としがちで、しかも重要なポイントが、お風呂、トイレ、洗面所などの水回りです。水は毎日必ず使う、私たちの生活に欠かせないものです。お風呂やキッチンなどの水回りについても、必然的に仕様頻度が高くなりますよね。そんな水回りに欠陥があると、生活に支障をきたすことになりかねません。

しかし、賃貸物件の見学の際には水道が止められているため、実際に水出してみることはできませんよね。では、賃貸物件の水回りのチェックは、どのようにすればいいのでしょうか。見なければならない点はいくつかありますが、中でも気を付けて欲しいのが蛇口の先の色です。黒ずんでいる場合は、要注意です。また、キッチンの下の配水管も必ず確認することをおすすめします。配水管が床についている部分の周りに水が漏れていた跡があったり、そもそも配水管に穴があいていないかをチェックしましょう。

その他のオススメ記事

注目情報