賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸を借りる際には、日常生活で毎日使う水回り次第で快適に過ごせるかが変わるため注意が必要です。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸を借りるときは水回りも確認が必要

賃貸を借りる際は、家賃や間取りを気にする人は多いですが、水周りを気にしていない人も少なくありません。しかし、水回りは、毎日使う場所のため、しっかりと事前確認を行わないと快適な暮らしを送れなくなることがあります。

賃貸を借りる際の水回りには一人暮らしか家族で暮らすかによっても変わりますが、いくつかのチェックポイントがあります。一人暮らしでよくあるのが、バス・トイレ・洗面台が3点ユニットになっている物件です。ひとつ使うたびに切り替えが必要な上、切り替え忘れで思いっきりシャワーが出てきてトイレまで水浸しになることもあります。トイレの床までシャワーで洗えるというメリットはありますが、自分にとって便利かどうかを考える必要があります。また、女性の場合は洗面所が一緒にあると化粧をする際に湿気がこもるなどの問題点もあります。

今流行りの対面式キッチンは、家族の顔を見ながら料理ができますが、キッチンに出入りするのにぐるりと回り込んでからでしか入れないため、意外と面倒だと感じる人も少なくありません。また、キッチンが狭いと調理に十分なスペースが確保できずイライラすることもあります。賃貸を借りる際は、暮らしていて問題が起きないように水周りも事前確認が必要です。

その他のオススメ記事

注目情報