賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の水回りは、いつも綺麗に保つ事が大切です。排水溝にゴミが詰まってないか時々チェックするよう心がけます。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸アパートの注意点

賃貸アパートに住んでいた時、2度、1階に水漏れをさせてしまったことがあります。いずれも自分の不注意によるものです。私が住むアパートは水回りが完璧では、ありませんでした。もともと住居用ではなくて、店舗用だったからです。

店舗用だった賃貸の2階部分だけ、無理に住居用にしていました。水回りで問題だったのは、洗濯機を置く場所が床の上でした。普通ならベランダとか、室内なら洗濯機置き場は、専用の置き場所がありますが、それがなく風呂の近くに洗濯機を置いて風呂に排水する形にしていました。それが、あとあと問題になるとは思いませんでした。

それがある日、洗濯していると風呂の排水溝が詰まっていたので、排水した水が溢れて床に流れ出してしまったのです。1階からの苦情で気づき慌てて見たときは床は水びたし1階にも水が流れ迷惑をかけてしまいました。もう、すみませんと何度も謝りました。水回りは、きちんとしておかないと周りの人に迷惑がかかります。風呂の排水溝や洗面所、キッチン、トイレ、洗濯機周辺は、髪の毛などのゴミが詰まってないかチェックするのが大切です。特にキッチンなどに油を流すと排水溝は詰まりやすくなるので新聞紙に油を吸わせて捨てるようにします。

その他のオススメ記事

注目情報