賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸マンションを決める場合は築年数でいたみ具合を予測する必要があります。特に水周りは必須です。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

築年数15年以上の賃貸マンションだと水周りが要注意です。

賃貸マンションを決める時にはまず築年数を確かめます。だいたい15年以上経過したマンションなどではまず水周りからいたみはじめるものです。以前住んでいたマンションではお風呂の給湯器が使えない状態でした。でも下見の時点ではまずこういった欠点には気がつかないものです。まさか給湯器までつけてみるわけにはいきませんから。そこではシャワーのホースの部分も千切れそうになっていました。実はこれも下見の時点で見逃してしまいました。

その次に引っ越したマンションではやはりシャワーのヘッドの部分に亀裂が入っていました。これは実際に水を流して使ってみないとわからないような亀裂でした。そしてトイレも一見なんともないように見えたのですが、住み始めてわかったことは便器の水がほんの少し糸を引くように流れっぱなしになっていたことです。これは住んでいる間にどんどん多くの水が流れっぱなしになるようになりました。そして洗面所の水道もしっかり閉めないとポタポタと水がしたたってきます。水周りというものは下見の時点では水を流してみるわけにはいかないのでなんともしようがないのかもしれませんがやはりマンションの築年数などを確認の上、口頭だけでも大丈夫か否か確かめるのがベストだと思います。

その他のオススメ記事