賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸だからこそ、水周りはいつも清潔に保っておきたい場所。敷金が戻ってくる為にも簡単お手入れ方法をご紹介!

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

とっても簡単に賃貸住宅の水周りをピカピカに保つ方法!

浴室・洗面所・キッチン等、お家の水回りがピカピカに清潔に保たれていると、それだけで気持ちが良いですよね。でも、ついつい掃除をサボリがちになってしまって、気付いた時にはカビや汚れが落ちなくなっていた…なんて経験をお持ちの方もいるのでは?特に一人暮らしでお仕事が忙しい方なんかは小まめなお掃除ってなかなか大変ですよね。賃貸住宅だと、水周りが汚い状態になってしまうと敷金も戻ってきにくくなってしまいます。放置すればするほど汚れを落とすのが大変な水周りですから、毎日簡単に出来る方法で、ピカピカの状態を保ちましょう!

では、場所別に簡単お手入れのポイントをご紹介します。【浴室】浴室はもっともカビが生えやすく、汚れがちです。鏡が曇ったり、床が汚くなったりとお掃除ポイントも多く面倒…。そこで活躍させたいのが「クエン酸スプレー」です。100円ショップで売っている「クエン酸」を適当なスプレーボトルに入れて、水と混ぜます。これを浴室においておき、入浴の最後に鏡や浴室の壁にシュッとスプレーするだけ。これだけで、クエン酸の効果で鏡の曇りや鱗状の汚れを防止出来ます。また、カビ予防としては換気扇をつけっ放しにするのが一番。でも、電気代も気になるし音も気になる方もいらっしゃると思います。そんな時は「冷水シャワー」です!こちらも入浴の最後に、床やバスタブ、風呂椅子等に冷たいシャワーをかけるだけ。これは、浴室の温度を下げて冷やすことで、カビが増殖しにくい環境を作り、カビ予防になります。【キッチン】キッチンで一番気になるのはシンクの汚れかと思いますが、こちらも先ほどご紹介した「クエン酸スプレー」で解決出来ます。洗い物が終わったら、最後にシンク全体にクエン酸スプレーをかけることで白っぽいカルシウム汚れを防止することが出来ます。時間がある時にはキッチンペーパーにクエン酸スプレーをたっぷりつけて、汚れに貼り付けてしばらく置いておく、というのも効果的です。【洗面所】洗面所は鏡の水はね汚れや蛇口周りの汚れが気になりますね。鏡の水はねは「歯を磨き終わったらサッと拭く」これに限ります。汚れがついてから時間が経てば経つほど落ちなくなるので、生活パターンの中に「拭く習慣」を組み込んでしまうのが手っ取り早いのです。ですので、「スタイリングを終えた後」や「顔を洗った後」等でも構わないと思います。蛇口周りにはミニタオルを用意し、いつでも拭けるようにしておきましょう。蛇口周りだけでなく、シンク周りにも水はねしてびちゃびちゃになってしまった時も、すぐ拭いてあげれば乾きも早く、汚れにつながりません。

場所別に簡単なお手入れ方法をご紹介しましたが、どこか一箇所からでもいいので、是非取り入れてみて下さい。敷金全額バックを目指して、今日から初めてみましょう!!

その他のオススメ記事

注目情報