賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の水周りではトイレなども注意した方がいいでしょう。サビがついたり老朽化していると大変な事になります。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の水周りトイレのパイプ

賃貸の水周りではトイレなど気をつけた方がいいでしょう。まったく新しい物にかえてくれていればいいのですが、パイプやタンクなどはそうでない場合もあります。こういうところはパッと見はわかりにくいのですが、老朽化している場合もあるようですね。でも下見などでは気がつきにくいんだと思います。実際に住み始めていろいろ不具合などでてくる事もありますので注意しましょう。トイレなどは毎日使うものですし、何かあった時にはどうすればいいのかなど確認しておく必要があるでしょう。緊急の連絡先など聞いておくといいでしょう。

以前賃貸のトイレを使っていて大変な目にあった事があります。最初入居した時は気がつかなかったのですが、しばらくして急にタンクと便座をつなぐパイプが外れた事がありました。いきなりだったのでタンク内の水がすべてトイレに吐き出されプールの様な状態になってしまった事があります。パイプの老朽化が原因でしたが、見た目にはあまりわからなかったのでショックです。下の階に被害がいっていなかったのは幸いでしたが、やはりこういう部分は錆びやすいので気をつけた方がいいと思います。湿気対策などもこまめにした方がいいかもしれませんね。

その他のオススメ記事

注目情報