賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の水周りでは洗濯機の設置場所にも気をつけましょう。屋内の場合は特にスペースの確保が大切です。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の水周り屋内に洗濯機を設置する場合

賃貸でも洗濯機の設置場所は様々だと思います。ベランダなどの屋外に設置する場合もあれば、洗面所などの室内の場合もあります。これについては下見などの際に確認すると思いますので、まずどちらのタイプになるのか見ておきましょう。例えば屋内だと設置できるスペースなども注意しなければいけません。ほとんどは洗面所などになると思いますが、そこにいってどれくらいのスペースが確保できるのか測る必要があります。洗濯後の汚れた水を流す関係上、設置場所には受け皿の様な物が置いてあると思います。ですからそれがどこにあるのかを確認し寸法を測る事です。洗濯機によってはそれよりも大きなサイズのものがあるかもしれませんし、もしそうなら別に台などが必要になる場合もあります。

洗濯機が設置場所におさまるからと言って安心してはいけません。最近はいろいろな種類のものが売られているようですが、使い方によっては設置できない場合もあります。例えばドラム式などの場合、扉が手前に開閉するタイプだとそばにものがあったりすると開閉ができなくなってしまいます。とにかく寸法は大丈夫だったというのでなく、設置する方向なども考える必要があるでしょう。せっかく置けても使えないというのでは困りますよね。

その他のオススメ記事