賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築の賃貸物件は、なるべくきれいに使わないと、汚れや傷は全部自分の責任になるので注意したいです

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築の賃貸は、なるべくきれいに使おう

新築の賃貸物件は、入居したときは気持ちがいいのですが、退去するときがポイントです。当然のことですが、新築なので、傷や汚れ、カビ、故障などは全部自分の責任になります。条件によっては補修費用をとられることがあるので、じゅうぶん気をつけて使いましょう。神経質な人だと、新築だから気をつけなければならない、と、おそるおそる生活をするはめになってしまうかもしれません。傷を作らないように、汚さないように、と気を遣って生活をするのは、少し疲れてしまいます。慣れてくれば平気になるのですが、一人暮らしが初めてだ、自分は神経質だ、と言う人は新築はさけたほうがいいかもしれません。

さらに、エアコンなどの設備ももちろん新品なのですが、初期不良がないとも限りません。機械が壊れるのは、老朽化したときだけではなく、初期不良のこともけっこうあります。そのためにメーカー保証などがついているわけです。なので、入居してすぐにエアコンが壊れたり、浴室乾燥機が正常に動かなかったり、ということもなくはないです。真夏や真冬などにエアコンが壊れてしまうとたいへんな思いをするので、そういう突発的なトラブルに弱い人は新築を避けたほうがいいかもしれません。

その他のオススメ記事

注目情報