賃貸の新築物件に入居する際の注意点

新築の賃貸物件に入居するとき、体質によっては新しい部屋の塗料が身体に合わないなどということもあるようです。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の新築は、体質によって注意

新築の賃貸物件というのは、新しくきれいでいいものです。しかし、新築だけに注意が必要な点もあります。水道管設備も新しいという場合、水道水に若干の匂いがあることがあります。状況によっては濁っていたりすることもあるようなので、最初は多めに水を流し、水道管設備の中にじゅうぶん水を通す必要があります。これらの準備を、事前に管理会社がしていてくれれば話は別ですが、まずは水道水の様子を観察してみましょう。浄水器をつけるなら問題はありませんが、しばらくは洗い物などに水道水を使って、飲料水はミネラルウォーターを購入したほうがいい場合もあります。また、人によっては、新築の塗料や接着剤の化学物質に敏感に反応してしまう場合もあります。いわゆるシックハウス症候群ですが、目がチカチカしたり、喉が痛くなったり、咳が出るなどしたら要注意です。最近の家はそのあたりもしっかりしてはいますが、下見のときにじゅうぶん確かめておきましょう。

大人は大丈夫でも、抵抗力の弱いお年寄りや幼児がいる場合には、じゅうぶん注意したほうがいいかもしれません。また、一日中家の中にいる主婦などにも症状が出やすいそうなので、施行について管理会社に確認しておくのがおすすめです。

その他のオススメ記事